2011年07月15日

放射能汚染の不安

リゾート本日、託児所の保護者の方のお誘いで、『放射能汚染について』のお話しを伺いました。

「ナージャ、希望の村」カチンコと言うチェルノブイリ原発のスライド製作に携わりました、武田裕子さんのお話しを伺いました。
そして、その後、「ナージャ、希望の村」のスライド視聴を通して、

1、今、一番の不安は?
2、今、何が出来るか?
3、私の原発に対する思い

3つのポイントを踏まえて、6〜7人のグループでディスカッションをしました。

食物に対する不安や目に見えない空気汚染の進行具合。
水たまりや砂場で遊ばせたくない親の思いを子どもにどう伝えたら良いのか?
体内被曝・ホットスポット・風評被害などなど。
不安は尽きません。

しかし、今日集まった方々は、不安や恐ればかりを口にするのではなく、福島の原発の事故が現実に有った事を再認識した上で、今後、子ども達を放射能汚染から守るためにどうしたらよいか?

ひらめき今、私たちに出来ることは、

”子ども達を守る為の情報を収集し、子ども達を守る為の工夫を勉強し、建設的な情報を提供していけるよう学びたい”と前向きな話し合いで終止しました。

視聴会と講話会・お茶会を含めて、約3時間半の貴重な時間を過ごすことが出来ました。

目興味のある方は、是非、次回の勉強会をのりママとご一緒しませんか?
のりママへお声を掛けて頂ければ、次回の勉強会のお知らせをお伝え致します。

現実に有った、原発事故にしっかりと向き合いましょう。

黒ハートかけがいのない子ども達を守る為に・・・。

by、のりママかわいい

posted by のりママ at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。